【ミスド】ドーナツの賞味期限はいつ?常温か冷蔵庫か?出来立てに近づける方法と風味が落ちる理由を元ミスド店員が解説!

ミスタードーナツ
ミスタードーナツ

どうも、ヒカリblogへようこそ。

私は全国チェーン店であるミスタードーナツの店員経験があります。なぜミスドを選んだかというと、単純にドーナツが好きという理由。

そんなミスタードーナツ(以下ミスド )で色々な種類のドーナツを買う人も多いのではないでしょうか。

季節によって新商品が必ず発表され、他社とのコラボ商品なんかも最近は増えてきています。

ドーナツの季節もので有名なのが春と冬、つまり桜ドーナツやクリスマスドーナツなどですね!

そこで気になるのが、ドーナツの賞味期限ってどうなの?保存方法ってどうするの?って話です。

ドーナツの賞味期限はいつ?

では結論から言いましょう。

ミスド公式では製造後12時間と定められています。

しかし、店舗ではドーナツのLot管理なんかできません。陳列しているトレイのドーナツが無くなれば補充したり、まとめたりするためです。

Lot管理とは、1日に複数回製造するドーナツをナバリングすること。簡単に言うと、そのドーナツが何時に製造されたものか見分ける管理。
つまり、店員はそのドーナツが何時に作られたか把握していません。大方の時間は予想できますが。(店内調理のため絶対に当日作られたドーナツです)
出来立てドーナツの時間帯は午前がメインです。こちらの記事で解説しているので参考にどうぞ。

ちなみに、ドーナツをまとめる理由は見た目を良くするためです。トレイに一つしか残っていないのものより、沢山並んでいる方が見栄えが良いでしょう?

少し話が逸れましたが、店舗で賞味期限を聞かれた際は「翌日の朝まで」と答えます。

ドーナツの賞味期限

①ミスド公式は製造12時間後
②店舗対応は翌日の朝まで

全てのドーナツの賞味期限は同じ?

先ほどまでの話で、どのドーナツも賞味期限は同じなの?という疑問が生じます。

その疑問の答えは、「ドーナツによって異なる」です。

例えば、画像のゴールデンショコレートというドーナツ。

このドーナツは製造翌日まで賞味期限と店舗では答えます。

理由は、ホイップクリームやカスタードクリームなどを使用していないためです。これらを使用しているドーナツで賞味期限を聞かれた際、当日に召上がる様に答えるはずです。

・ホイップクリームを使っているドーナツの例

みんな大好きエンゼルフレンチです。このドーナツは卵風味の強い生地を半分に切り、ホイップクリームを挟んでチョコレートを1/3程度コーティングする工程で作られます。

つまり、クリームを挟んでいるため賞味期限は「当日」となります。

この他、代表的なドーナツでいうと

エンゼルクリーム
カスタードクリーム
エンゼルフレンチ
ストロベリーカスタードフレンチ
ドーナツポップ(小さいエンゼルクリーム)

などが挙げられます。季節限定メニューも色々出ますが、クリームを使っていたら賞味期限は当日と考えてOKです。店員もそれで判断しています。

ドーナツ別の賞味期限判断基準はクリームを使用しているか否か

常温か冷蔵保存か

ドーナツの保存方法についてです。

結論から言うと、当日に食べる場合は常温。翌日に食べる場合は冷蔵庫で保存することをオススメします。

常温保存

ドーナツは揚げ物なので、たいていのドーナツであれば常温保存でOKです。

先ほど紹介した、ゴールデンチョコレートのようなクリームのないドーナツであれば常温保存可能です。

しかし、夏場は30度を超えるため痛むのが早くなります。直射日光を避けて涼しい所で保存しましょう。

もちろん、エンゼルクリームのようなホイップクリームを使用しているドーナツは常温保存がダメというわけではありませんよ。

当日に食べるのであれば十分持ちますので問題ありません。

冷蔵保存

冷蔵保存なら確実に翌日まで持つ安心感があります。

一方でエンゼルクリームのようなホイップクリームを使用したドーナツは、冷蔵庫に長時間入れていると水分が失われるので注意が必要です。

このようにメリットの反面、デメリットもあるので注意してください。

メリットとして、
・夏場にひんやりドーナツが楽しめる。
・ドーナツ表面のシュガーが溶けない。
・チョコ部分のカリカリ感が増して美味しい。
デメリットとして、
・生地が固くなりふんわり感や風味が損なわれる。
・冷やしすぎるとホイップクリームが乾燥しパサパサ感が増す。

賞味期限を過ぎると風味はどうなる?

賞味期限を過ぎるとどうなるのでしょう。

賞味期限とはその名の通り、味が落ち始める期限。つまり味や食感といった風味に変化が現れます。

それがドーナツならどうなるのか。

①全てのドーナツに言えることですが「固く」なります。

先ほど紹介したゴールデンチョコレートは固くなるだけで味はそこまで変化しないので翌日でも楽しめます。歯応えがあるのも悪くないです。

これと同じく言えるのがポンデリング。このドーナツも固くてもモチモチ食感は消えないので翌日でも楽しめます。

②一部のドーナツに言えるのが「パサパサ」になります。

例えば、クリーム系を使ったドーナツであるエンゼルクリームの場合だと、生地は固くなり、クリームもパサパサになります。

つまり、この手のクリーム系ドーナツは製造から時間が経つと美味しくない。

一方、出来立てだと生地はふんわりクリームもしっとりで別格の美味しさを誇ります。フレンチやイースト系ドーナツは午前中に店舗で購入しましょう。

ドーナツは賞味期限を過ぎると
①生地が固くなる
②クリームはパサパサになる
これ以外にも保存方法によっても風味が変化します。

ドーナツの保存方法

さて、ドーナツの保存方法によっても風味が変化します。

店舗で保管方法を聞かれたら、「冷蔵庫で」と言われます。

しかし、ただ冷蔵庫に入れると賞味期限を過ぎた場合と似た食感となります。

具体的に、エンゼルクリームの場合。

①冷蔵庫の温度は低いので生地が固くなる。
②冷蔵庫は乾燥しているのでクリームがパサパサになる。

このように賞味期限が切れた際と同じような状態になります。

これらを防ぐ方法として、

①常温保存する。
②工夫して冷蔵庫で保存する。

これらが挙げられます。

①常温保存の場合は直射日光の当たらず風通しの良い所に置きましょう。しかし、夏場は要注意。

②冷蔵庫に保存する場合、箱や袋からドーナツを取り出して1つずつラップで包みましょう。ラップで包めば乾燥を防ぐことができるので幾分かパサパサがマシになります。

以上のことから、美味しく食べるなら極力当日のうちに消費してしまいましょう。

ドーナツはコーヒーとよく合うので、ミスドのマグカップを使って家でミスド気分を味わうのも良いかもですね。

ドーナツを家で美味しくする方法

家でドーナツを食べる場合に、極めて出来立てに近い状態にすることが出来ます。

それは電子レンジでチンすることです。

ドーナツ中の水分を蒸発させて、ふんわり感を復活させます。ただ、やり過ぎるとパサパサになるので要注意です。

家でやるなら、800Wで5~10秒温めます。これは店舗でアップルパイなどを温めるのと同じになります。

家でドーナツを出来立てにするなら電子レンジで800W、5秒ほどチン!

まとめ

今回はミスタードーナツのドーナツの賞味期限や風味について記事にしてみました。

賞味期限が切れると生地が固くパサパサになりやすいので早めに食べましょう。

もし食べきれなかったら?

各シーズンで新商品が発売され買った方や仕事終わりにドーナツを買って帰った人向けに、ドーナツの保存方法や出来立てに近づける方法を紹介しましたので、そちらを参考に!

保存方法:常温もしくはラップで包んで冷蔵庫へ!
出来立てに近づける方法:レンジで800Wで5秒間チン!
コンビニドーナツとの差を記事にしているので参考にどうぞ。

では、今回はこの辺で!!

タイトルとURLをコピーしました