【ミスド】出来立てドーナツの時間帯!朝がチャンス!種類ごとに時間が変わる!

ミスタードーナツ
ミスタードーナツ

どうも、ヒカリblogへようこそ。

皆さん出来立てドーナツを食べた事がありますか。製造してから時間が経ったドーナツとは全くの別物といっても過言ではないでしょう。

ミスドでドーナツを買うけど、中々出来立てのふわふわドーナツがある時に出くわさない。そんな経験ありませんか?

いつ出来立てドーナツがあるのやら。そもそもどこでドーナツ作ってるんだ。

そんな疑問に元ミスド店員の筆者が答えていきたいと思います。

というわけで、ミスドで出来立てのドーナツを食べられる時間や種類についてまとめていきます。



ドーナツは時間が経つとどうなる?

まず、ドーナツは時間が経つとどうなるでしょうか。

製造から時間が経つと当然ながら生地が固くなります。よくサラリーマンが夕方にミスドへ寄り家族へのお土産で購入しますが、大抵食されるのは翌日の朝。

そして冷蔵庫で保管されることが大半でしょう。その時点でドーナツはもはや別物と言って良いほど固くなっています。

また、エンゼルクリームを始めとしたクリーム系ドーナツは水分が失われパサパサになるため特に風味がかなり落ちます。

なので、夕方に購入したドーナツは極力当日食べる方が好ましいです。

賞味期限は?

よく店頭で質問される内容です。

マニュアルでは「翌日までに食べてください」になる。つまり、ドーナツの賞味期限は製造後翌日までということになります。

ただし、クリームを使用したドーナツは劣化が早いため「当日に食べて下さい」と言われるでしょう。

これに関しては1つの記事としてまとめているので、こちらを参考にしてください。

元ミスド店員が教えるドーナツの賞味期限!風味が落ちる!出来立てに近づける方法!!

そもそもドーナツはどこで作られる?

結論から言うと、ミスドのドーナツは全て店内調理になります。

しかも生地を粉から作り、油で揚げる工程まで全て店内になります。

そのためミスドの社員は朝の5時前後から仕込みがスタートします。粉から生地を作ることに加えて、ドーナツの種類ごとに粉が違うのでかなり手間が掛かります。

例えばオールドファッション、フレンチクルーラー、ポンデリング。この3種を作ろうと思うと、全て生地が異なるため3種類の生地を粉から作らないといけないということです。

ちなみに、何十種類ある全てのドーナツを粉から作るわけではありません。

一部工場で製造された冷凍生地も使用しています。が、前日に店内の専用機械にセットし、しっかり発酵させ膨らませてから油で揚げていきます。手が込んでいますよね。

発酵の工程が必要ない種類は、主にパイ類になります。パイ類は冷凍生地に卵を塗ってオーブンで焼き上げていきます。

この流れを見ると一時期話題になったコンビニドーナツがなぜ負けたかが察せると思います。もっと具体的に敗因を分析、解説しているので興味があれば読んでください。

なぜコンビニドーナツはミスドに負けて失敗したのか!消えた原因を元ミスド店員が徹底解説!

ホイップクリームも店内調理

先ほど生地のことについて書きましたが、クリームについても店内調理になります。

特にホイップクリームは毎日クリーム系ドーナツの製造の度に、ホイップクリームの元となるミルクを専用の攪拌機にてかき混ぜています。

また、何分かき混ぜる等ではなく、調理担当者が目視で絶妙な柔らかさにしています。この作業は個人差が出ないように徹底的に教育されます。

実はこれケーキです。人気の「駅前食堂シリーズ」そっくりケーキを販売中。

出来立てを食べるなら朝

では本題へ移ります。

出来立てを食べるなら、やはり朝に限ります。これは当然と言えば当然。わざわざブログを見ずとも予測できますよね。

しかし、種類によって店頭に並ぶスピードが異なることまで考えると、午前中であれば十分出来立て相当のドーナツを食べることが出来ます。

「日本中が食べた!長谷川稔監修8000万円チーズケーキ【Cheesecake HOLIC】

開店直後のドーナツ

朝開店直後に店頭に並んでいる可能性が極めて高いのが

・オールドファッション
・チョコファッション
・フレンチクルーラー
・ポンデリング
・ポンデ黒糖
・シュガーレイズド
・ハニーディップ

これらになります。その理由として、全て製造工程が少ないためです。

例えばオールドファッション。これは生地をフライ→冷ますの2工程だけになります。そして、これにチョコをコーティングしたものがチョコファッションです。

その他のドーナツも基本的にフライした後に液体砂糖or粉砂糖などをトッピング、乾燥するのみの簡単なドーナツというわけです。

朝一は種類豊富に見せるために、こういった工程の少ないドーナツがメインとなります。

シンプルなドーナツはコーヒーにも合うので、朝セットというコーヒーとのセットメニューまであります。

家庭向けに下のようなマグカップも販売されているので、コロナ禍の今家でもミスド気分が味わえますよ。

開店1時間以降のドーナツ

朝一は工程数の少ない簡単なドーナツがメインでしたが、開店1時間もすると様々なドーナツが現れます。

レギュラー商品で言うと、

・エンゼルフレンチ
・エンゼルクリーム
・カスタードクリーム
・チョコリング
・ゴールデンチョコレート
・ポンデエンゼル
・パイ類

代表的な物でもこれくらいあります。派生商品を含めるともっと増えるでしょう。

これらのドーナツは工程数が多く製造に時間がかかるので開店直後には店頭に無い場合が多いです。

参考までに、エンゼルフレンチを作るまでには、

生地をフライ→冷ます→半分に切ってクリーム挟む→チョコレートコーティング→乾燥

と5工程を必要とします。上記のオールドファッションの倍以上の工程です。

こういったドーナツの出来立てを求める時は開店1~2時間程度を目途にしておきましょう。

昼以降は製造しないの?

では昼以降は製造しないの?と疑問に思う人は結構いると思います。

これは正直難しい質問です。なぜかというと、店舗によって異なるためです。

例えば駅前であっても大阪駅と神戸駅では人出が全く違います。

これらを考慮すると基本的には昼前には製造は終了します。超人気店で飛ぶようにドーナツが売れる場合は追加で製造するので、午後に出来立てを狙うならそういう店舗になります。

ただ、例外があります。

例えば正月。ミスドは福袋を販売しており、ドーナツ引換券が10枚付いてきます。これが1月に集中するためドーナツの需要が急上昇します。

そのため午後であっても出来立てドーナツが食べられる可能性が高くなります。その他セール時も狙い目になりますね。

ドーナツの予約方法はこちらの記事で紹介しています。参考にどうぞ。

【ミスド】ドーナツは予約できる?電話でもミスドネットオーダーでも対応可能!メリットとデメリットを解説!
どうも、ヒカリblogへようこそ。 ミスドに行ったけど目当てのドーナツが売り切れていてなかった。 50個くらいドーナツを買いたいけどどうしたらいい? コロナ禍なのに店舗内で並ぶの嫌、選ぶのに時間...

まとめ

今回はミスタードーナツの出来立てドーナツが食べられるタイミングについて記事にしました。

基本的には午前中に製造がストップするので注意しましょう。

出来立てドーナツはふわふわorサクサクでかなり美味しいです。普段夕方に買っている人は同じドーナツとは思えないほどです。

せっかく店内調理なので出来立てを食べてみましょう。

ミスタードーナツでのお仕事内容を記事にしているので興味のある方はどうぞ。

【ミスド】バイトの仕事内容!接客と製造の違いは?髪型は?元ミスド店員が徹底解説!

では、今回はこの辺で!

タイトルとURLをコピーしました