【株価予想】GCA(2174)がM&A銘柄で期待大!TOBで1300円突破!株価上昇傾向で今が狙い目!

投資
投資 株 個別銘柄分析

どうも、ヒカリblogへようこそ。

日経平均が2万8000円前後をうろうろする中、ワクチン接種率の高い米国や欧州の株価指数はどんどん上昇しています。

今注目されているのが半導体・脱炭素技術・自然エネルギーなどが挙げられます。

特に脱炭素や自然エネルギーといった環境関連は注目度がどんどん上がっており、各社M&A(合併・買収)が盛んにおこなわれています。

そのため、そのM&Aを円滑に進めるためにアドバイスなどをする企業の業績もうなぎ上りです。

そんなM&A銘柄でも、今回はGCAに注目してみました。

追記:2021年8月3日

アメリカの投資銀行からのTOBが発表され、GCAは賛成の意向を発表しています(完全子会社化)。

これによりストップ高、1351円(+300円)で取引を終了しています。

買い付け価格は1380円であり、期間は9月27日までです。

GCAとは?

GCAはM&A銘柄ですが、どのような特徴を持っているのでしょう。

特徴を企業HPより引用します。

幅広いグローバル・アドバイザリー経験、的確なアドバイス、クライアントとの関係へのコミットメントが挙げられます。

会社の規模

では投資する上で大切な会社の規模を見ていきましょう。

・東証一部上場

創業:2004年

上場:2008年

資本金:13億9100万円

従業員:525人(連結)

世界で戦う企業なだけあり、安心の東証一部上場です。

事業内容

事業内容ですが、主に2種類あります。

①M&Aアドバイザリー

上場企業・非上場企業に対して、売却・買収、非公開化案件及び、買収防衛、グループ再編、事業再生などの包括的なアドバイザリーサービスを提供。
さらに、海外進出を検討する日本企業のサポートはもちろん、日本市場への進出を狙う海外企業のニーズにも対応している。

②戦略・PMIコンサルティング

統合計画の策定から統合プログラムの整備と運営、さらには意識改革まで、シナジー創出に関連するすべてのテーマを支援する。

売り上げ&利益状況

会社の規模や事業内容を確認したところで、売り上げと利益状況をみていきましょう。

直近4年間の売り上げ、営業利益、営業利益率を以下にまとめています。

売上高(百万円)営業利益(百万円)営業利益(%)
201826690347913.0
201923719338314.2
20202190117608.0
2021(会社予想)33500380011.3

2018、2019年と営業利益率が約14%と高い収益率を維持していました。

しかし、コロナ禍により経済活動が停滞したことで企業がM&Aを控えていたため2020年は減収、減益と苦しんでいました。

しかし、2021年は海外で活発に経済活動が再開され、環境関連でのM&Aが頻繁に行われるようになりました。

その結果、会社予想ですが2021年決算は増収、増益を想定しています。コロナ禍が打破できれば跳ねる企業の一つだと思われます。

現在の株価

2021年7月21日時点での株価は1064円です。

7月16日に1155円をつけてた後、少しずつ株価が落ちつつあります。

これは日経平均が2万9000円から2万7000円へと約2000円近く下落し、それに吊られていると考えられます。

また、7月まで上昇相場であったので健全な一旦調整とも取れるでしょう。

月々1,000円からムリなく資産形成。スマホ・PCから簡単口座開設!

今後の株価(考えられるシナリオ)

さて、今後の株価はどうなると予測されるか。上の画像で2パターン挙げています。

①25日線で反発する

7月21日時点で下落基調にあります。過去のチャートの傾向から25日線で反発後に上昇する可能性があります。

今回の場合だと、25日線、つまり1020円付近で反発すれば1200円を壁を超えるための上昇相場へ移行するかもしれません。

②開いている窓を閉めに行く

900~950円に大きな窓があります。株ではこういった窓を閉める、つまりその値段まで下落することがしばしばあります。

①での1020円で下落が止まらず、窓を閉める展開になると本格的な下落相場となる可能性が高いです。

業績は改善され、将来性も期待されるため上昇前の600円まで下落するとは思えない。

となると、第一抵抗線となる880円付近、第二抵抗線の785円付近で反転すると考えるべきでしょう。

これらの予測をまとめると、
・25日線で反発すれば上昇トレンドは継続!
・25日線を突き抜け、窓を閉める展開になれば要注意!
つまり、1020円付近まで落ちてきたら一旦買い時。様子を見つつ下落するなら損切推奨!

短期狙いの方向けの銘柄情報「株オンライン」

短期的な株取引をする人にオススメです。

株オンラインという、投資のプロが株価上昇を見込める推奨銘柄情報を無料で得ることができます。

更新は毎週行われ、「最新注目厳選銘柄」では短期で株価が上昇している銘柄を推奨しており、精度も高いです。

無料で登録でき、いつでも退会可能なので安心して利用できます。

投資のプロが開示している情報を無料で入手して株取引に活かしていきましょう。

下のリンクから登録できますので、ぜひ登録してみてください。

月1000円から始められる投資信託

比較的低リスクの投資をしたい人にオススメ。

SMBCグループの資産運用会社である三井住友DSアセットマネジメントが運営する、 投資信託の直接販売(直販)サービスです。

2015年にスタートしたサービスで、運用開始から2年弱で資産が47%値上がりした実績があります。

<特徴>
1.長く付き合える投資信託をラインナップ
2.少額(月1,000円)からコツコツ積み立てられる
3.販売手数料0円、口座管理手数料0円
4.資産運用の専門家が、資産形成に関する情報を提供
5.実績のある運用チームが担当する直販専用ファンド
月1000円から始められるので、まとまった資金がなくても大丈夫です。始めは少額投資をして、慣れてきたら金額を増やせばOKです。
下のリンクから申し込みできるので、ぜひ投資に触れてみてください。

まとめ

今回はM&Aの助言会社であるGCAについて記事にしました。

株価が調整局面にあるので、どこで下落が止まるのかが焦点になります。

過去の動きから25日線が一つの目安ですね。

業績は改善していますので株価へ反映されてくることが期待されます。

今回2パターン予想しましたが、投資は自己責任でやっていきましょう。チャート分析が正しいとは言えませんからね。

【株価予想】ダイセキが株式分割!上昇相場が続く!

その時その時の流れに乗って投資をしていきましょう。

では、今回はこの辺で!

タイトルとURLをコピーしました