【明石】ファミリーフィッシングでガシラやチャリコが手軽に釣れる!大物も狙えるので子供も喜ぶ!

東二見人工島
東二見人工島 釣り

どうも、ヒカリblogへようこそ。

11月に入っても明石周辺では青物が釣れ続いており、朝マズメはルアーマンが等間隔で並んでいます。

さて、気温が下がり季節が良くなるとファミリーフィッシングが活況となり、明石でも多くのファミリーが防波堤に釣りに来ています。

この時期に手軽に釣れる魚はアジやイワシですが、回遊魚なので運が悪ければ全く釣れません。

そこで、今回は手軽に釣れて楽しめる魚を調査してきたので記事にしていきます。

回線速度に悩む人は高速の光回線がオススメ!
当サイトから申し込むと37000円キャッシュバック!!
オプション加入も不要!!
申し込みはこちら!

場所:東二見人工島

今回釣行したのは明石市の東二見人工島です。

足場良し、潮通し良し、アクセス良しの3拍子。

さらに、近くに明石海浜公園があり駐車場も完備されているので安心です。

魚種に関して、ファミリー向けでほぼ確実に釣れるのが小鯛やガシラ、メバル、ベラ等となります。

釣果:2022.11.06

では、釣果情報に移っていきます。

今回釣行情報は以下。

場所:東二見人工島
釣行日:2022年11月6日
時刻:12時~16時
潮:中潮
干潮:12時53分

ファミリーフィッシングらしく、真昼間からの釣行となります。

釣り場に着いたのが12時前後でしたが、家族連れが結構多かったです。

サビキ釣りや投げ釣り、エギング、紀州釣りなど色々な釣り人がいました。

防波堤の真ん中付近に釣り座を確保し、胴付き仕掛けを準備していきます。

準備が出来次第、イシゴカイを針に付けて防波堤の岸壁を探るとアタリはあるも中々掛からない。

しかも餌がすぐに無くなるほど・・・

それでも何度か試して掛かったのがこちら。

10cm弱のベラが顔を出してくれました。

この他、フグやチャリコがかなり多く頻繁に釣れるため子供が一緒なら楽しめること間違いなしです。

その後も防波堤の足元を狙い続けていると、

タケノコメバルやガシラが顔を出してくれました。

餌を足元に落とすだけで、15~20cmクラスが釣れるのでまさにお手軽。

その後もイシゴカイを落としていると、竿を引き込む強烈なアタリ。

30cm弱のコブダイが釣れました。

ライトタックルでこのサイズが釣れるとめちゃくちゃ楽しいですよ。

思わぬ大物が手軽に釣れるので、ファミリーで釣りに行く際は胴付き仕掛けを使った探り釣りがオススメです。

タックル紹介

続いてタックル紹介に移ります。

当ブログでは探り釣りをする際、以下のタックルを使用しています。

竿:ガンガンテトラ 110L
リール:クラブデミ 15RL
仕掛け:3本針(胴付き仕掛け)

竿:ガンガンテトラ 110L

created by Rinker
¥1,430 (2022/11/27 19:52:31時点 楽天市場調べ-詳細)

まず竿からです。

当ブログで良く使っている超オススメの竿、ガンガンテトラ110Lです。

テトラ竿なのでパワーがありつつ竿先は柔らかいので食い込みも良くアタリを取りやすい。

パワーの方ですが、コブダイ30cmくらいまでなら十分勝負できます。

竿の長さが1mちょいなので風の影響を受けづらく取り回しも楽です。

大人だけでなく子供でも扱いやすいのが大きなメリットですね。

別記事でテトラ竿について紹介しているのでご参考にどうぞ。

【穴釣り竿】オススメロッド厳選5本!低価格で軽くて使いやすい!

リール:クラブデミ 15RL

シマノ(SHIMANO) クラブ デミ 15RL ブルー クラブデミ 15RL ブルー

続いてはリールです。

こちらも当ブログでよく登場するシマノ製のクラブデミです。

こちらは筏釣りでも使われるリールなのでパワーがあります。

テトラ竿と併用されることが多く、テトラから強引に魚を取れることに定評があります。

軽くてパワーがあり、スルスルと糸が出てストレスフリー、お値段もお手頃などが人気の理由ですね。

仕掛け:胴付き3本針

使用した仕掛けも紹介します。今回はカワハギ針の3本針胴付き仕掛けを採用しました。

個人的に、秋にかけて魚の活性が上がると今回のように速攻で餌がなくなるので餌取り対策で小さい針を使うことを推奨します。

タックルとは異なりますが、魚を新鮮に持ち帰るために大切な保冷剤を紹介します。

保冷剤がしっかりしていないと、魚の味が落ちますしドリンクも冷えないので、せっかくの釣りが台無しになってしまいます。

「ロゴスの保冷剤」はマイナス16℃まで冷却可能で持続時間も長いので釣りにオススメです。

【最強の保冷剤】キンキンに冷やして美味しく持ち帰ろう!

まとめ

今回は、明石市でファミリーフィッシング向けの魚種を調査し記事にしました。

サビキ釣りは回遊魚が対象なので、釣れるかは運次第となりますが探り釣りは違います。

イシゴカイやオキアミを餌にして小さい針を使えば、多くの魚が相手をしてくれるので楽しいこと間違いなしです。

本釣行では30cmのコブダイが釣れましたが、思わぬ大物が釣れるのもサビキ釣りとは違う点ですね。

カワハギを釣ってみたいという方は、以下の記事を参考にタックルを用意してみてください。

カワハギ釣りにオススメの竿を紹介!エギングロッドでもOK!

皆さんもファミリーフィッシングに行く際は、餌を買って探り釣りをしてみましょう。

では、今回はこの辺で!

タイトルとURLをコピーしました