【エメラルドグリーンクラブ】コケ取り生体の餓死対策に最適の餌はワカメ!サンゴとの相性は?コスパ最強!!

海水魚飼育
海水魚飼育

どうも、ヒカリblogへようこそ。

コロナウィルスの影響で家で魚を飼育する人が増え、生体の価格が上昇しつつある今日この頃。

水槽を管理する上で面倒なのがコケ掃除です。ペットショップに行くと、そんな掃除を助けてくれる生体が売られています。

海水水槽ではマガキガイやシッタカ貝といった貝類が知られていますが、タニシ系は少し苦手な人も多いはず。

そんな方にオススメされるのがエメラルドグリーンクラブというカニになります。トップ画像のような緑色のカニになります。

コケ掃除の生体の末路でよくあるのが、餌不足による餓死です。

今回は水槽のお掃除要員であるエメラルドグリーンクラブの餓死対策について紹介していきます。

エメラルドグリーンクラブとは?

さて、まずはエメラルドグリーンクラブの生態についてです。

日本にはいない種で、主にカリブ海に生息する緑色が美しいカニになります。

全て緑色というわけではなく、個体差があり緑や若干褐色がかったものも存在します。

エメラルドグリーンクラブは大きくても4cmほどの小型のカニです。

一般にカニ=肉食という、凶暴なイメージがありますが本種は草食性が強いため優秀なコケ取り生体として有名です。

本種のカニのツメはコケを取るのに適した丸まった形をしているので、魚を襲うことはほぼありません。

よって多種との混泳も可能ですが、エサが少ないと貝類などを捕食することがあるので注意しましょう。草食性が強いだけで基本は雑食です。

食べてくれるコケの場所はライブロックやサンゴ砂についたコケになります。ガラス面のコケは食べてくれないので注意。

海水水槽のガラス面のコケ対策にはシッタカ貝が一番コスパが良いですよ。

価格

エメラルドグリーンクラブの販売価格ですが大体1500円前後が普通です。

マガキガイが600円前後なので貝類に比べるとお値段高めです。しかし、貝類にはないカッコよさとお値段以上の美しさが魅力となります。

店舗で取り扱っていることも多いですが、丈夫な生体なのでネット通販で購入しても大丈夫な部類に入ります。

サンゴとの混泳

エメラルドグリーンクラブがサンゴに乗っかって爪でむしっている場面が見受けられますが、食べているのはサンゴに生えたコケ類です。

また、サンゴの壊死した部分をエメラルドグリーンクラブは食べてくれるので、壊死が広がることがなくサンゴの健康にも一役買います。

よって、サンゴ自体にダメージを与えることがなく壊死部分の蔓延も防止できるので混泳を推奨します。

コケ取り生体の弱点

さて、本題になります。

コケ取り生体は基本的にライブロックや底砂、ガラス面についたコケを食べてくれます。

しかし、そのコケを食べ尽くした場合はどうなるでしょう。代わりの餌がない限り、他の生体を攻撃したり死んでしまったりします。

中でもカニ類はある程度の餌がないと弱ってしまうため、コケの少ない小さな水槽ではすぐに死んでしまう原因となります。経験ある方もいるのでは?

その対策として、餌付けが挙げられます。一言でいうと、魚にあげている餌を食べてもらうことですね。

しかし、魚にあげるような粒餌やフレークを上手いことエメラルドグリーンクラブの目の前に落として食べさせるなんて面倒と思いませんか?

増えるワカメが最強の餌

そこで見つけたのが増えるワカメ。そう、スーパーで売っている普通のワカメです。

上の画像でエメラルドグリーンクラブが食べているのがワカメになります。もともと草食性の強いカニなので海藻類との相性が非常に良いです。

このほか、海ブドウでも食べてくれますが入手ルートやコスパ面を考慮するとワカメが一番でしょう。

コスパ以外にワカメを与えるメリットとして、3つ挙げられます。

①ピンセットで手渡しが可能なため確実に食べさせられる。
②魚たちは食べないので喧嘩しない
③水が汚れない

餌不足でエメラルドグリーンクラブが弱っていたり、飼育する上で心配な人はワカメを与えてみてください。

かなりの勢いで食べてくれるので餓死対策としては最強だと思いますよ。

まとめ

今回は海水水槽のコケ取り生体であるエメラルドグリーンクラブの餓死対策について記事にしました。

カニ類は肉食のイメージがありますが、この生体は草食性が強いため魚との混泳が非常に合っています。

とはいえ、餌不足になると貝類や魚に攻撃したりします。

これを避けるためにも容易に入手可能なワカメを与えましょう。増えるワカメで全然OKです。

魚用の餌でも食べてくれますが、餌付けるのに時間がかかるので即効性はありません。その点、ワカメは即効性があるので弱っている場合でも食べてくれるでしょう。

皆さんもエメラルドグリーンクラブの餓死対策で困っているようならワカメを食べさせることをオススメします。

では、今回はこの辺で!

タイトルとURLをコピーしました