ライザップの株が楽天証券で買えない理由は?【松井証券で買おう】

投資
投資
~本記事で分かること~
・ライザップ株は楽天証券で買えない
・ライザップ株を買う方法は?
・どこの証券会社が良い?

どうも、ヒカリblogへようこそ。

テレビCMでも有名なライザップ。

一時に比べれば株価も落ち着き、優待目的で買おうと考えている人が多いかと思います。

いざ楽天証券で株を買おうと思っても、買うことが出来ないのが現状です。

では、どこの証券会社であれば買うことが出来るのか。

本記事では、ライザップの株式を購入する方法について解説していきます。

株取引なら松井証券!!


 公式HPはこちら!
・50万円以下の株式取引手数料は無料

・25歳以下の株式取引手数料は無料

・NISA株式取引手数料は恒久無料

・高機能取引ツールが無料で利用できる

・「松井証券 株アプリ」が無料

ライザップの株は楽天証券で買えない

ライザップの銘柄コード【2928】を楽天証券で検索すると、画像のようにヒットしません。

つまり、楽天証券でライザップの株を購入することは出来ないのです。

楽天証券で買えない理由

楽天証券でライザップの株式を購入することが出来ないのはなぜか。

ライザップは札幌証券取引所の新興市場であるアンビシャスに上場しており、楽天が札幌証券取引所の会員ではないためです。

楽天証券は東証や名証、ジャスダック、マザーズに上場している株式は購入可能ですが、札幌証券や福岡証券の株は購入不可となっています。

引用:みんかぶ

楽天証券で購入出来る 楽天証券で購入出来ない
東証 札証

→ライザップは札証銘柄

名証
ジャスダック
マザーズ 福証
セントレックス

ライザップ株を購入する方法

ライザップ(2928)の株を購入する方法を解説します。

結論として、楽天証券では購入不可ですが、別のネット証券であれば購入可能となります。

先ほど解説しましたが、楽天証券は札幌証券取引所の会員ではないのでライザップ株を取り扱っていませんでした。

しかし、SBI証券や松井証券などであれば札証の会員なのでライザップ株を購入可能です。

ライザップ株が買える証券会社

ライザップの株を購入することが出来る証券会社をまとめます。

現状、ネット証券で購入可能なのは以下の4社となります。

ライザップ株が購入できる証券会社
SBI証券
マネックス証券
松井証券
auカブコム証券

【一択】ライザップ株を買うなら松井証券

ライザップ株を買いたい、または株式投資を始めたい人にオススメなのが松井証券です。

松井証券は、大正7年から続く超老舗証券会社なので安心。

また、すべての証券会社の株式を購入することが出来るので、わざわざ他の証券会社の口座を申し込む必要はありません。

株取引なら松井証券!!


 公式HPはこちら!
・50万円以下の株式取引手数料は無料

・25歳以下の株式取引手数料は無料

・NISA株式取引手数料は恒久無料

・高機能取引ツールが無料で利用できる

・「松井証券 株アプリ」が無料

全ての証券会社の株式が取引可能

松井証券は、国内すべての証券会社で取り扱われる株式を取引可能です。

よって、ライザップ株のように欲しいけど楽天証券じゃ変えない、ということがありません。

松井証券で取引できる証券会社=国内全て
東証
名証
札証
福証
ジャスダック、マザーズ

手数料が無料

松井証券が他の証券会社より優れているのは、すべての株取引が可能な点だけではありません。

手数料が非常に安いのが強みです。

25歳以下であれば全て無料、26歳以上でも1日の取引額が50万円以下なら手数料が無料となります。

取引額 手数料
26歳以上の人 25歳以下の人
50万円まで 無料 無料
100万円まで 1000円(税抜き)
200万円まで 2000円(税抜き)

株が不安なら投資信託がオススメ

自分で株を探して投資するのが不安な方は、プロが運用してくれる投資信託がオススメです。

特に、ひふみ投信は1000円から投資することが出来、解約手数料もかかりません

運用も非常に優秀で、国内外の成長企業を発掘する調査・分析力により基準価額が6倍以上にもなっています。

また、長期で運用するため相場の上下にも強く、元本割れしづらいといったメリットがあります。

老後2000万円問題で不安だけど株はちょっと・・・という方は投資信託を始めましょう。

投資信託なら【ひふみ投信】
投資信託で資産形成 ひふみ投信
・1000円から気軽に始められる

・買い付け手数料や解約手数料が無料

・運用面では基準額が6倍以上の実績

・長期的な資産形成で相場の上下に強い

まとめ

今回、ライザップの株が楽天証券で購入できない理由について解説しました。

ネット証券は数多くありますが、証券取引所によっては購入できない銘柄も存在します。

なので、証券口座を開く際は全ての証券取引所の株を取り扱っている松井証券を選びましょう。

株の暴落が怖い方は投資信託で確実な資産運用が良いかと思います。

投資はリスクを伴うので、余裕資金を使って資産形成していきましょう。

株の損切についてはこちらの記事で解説しています。

【株式投資】含み損は気にしないのが一番!

タイトルとURLをコピーしました