【パナソニック】株価はなぜ安い?今後はどこまで下がるかを解説!

※当サイトではアフィリエイトおよびGoogle広告を利用しています。
※当サイトではアフィリエイトおよびGoogle広告を利用しています。
投資
投資
~本記事で分かること~
・パナソニックの業績
・株価推移
・配当や配当利回り
・株価はなぜ安いか
・今後どこまで下がるか
・株の買い方

パナソニックといえば日本を代表するメーカーの一つです。

家電量販店に行くと間違いなく目にするほどメジャーな企業。

実はテレビや冷蔵庫のような家電以外にも色々な事業を世界的に展開しています。

にもかかわらず、株価は長期間ずっと低迷しています。

~パナソニックの株価はなぜ安い?~
・業績が長期低迷
・不採算事業の整理に手間取る
・ブルーヨンダーの低迷
・不透明な成長性

本記事では、パナソニックの業績や株価、株主還元策、今後について紹介していきます。

同業他社についても記事にしているので参考にどうぞ。

【三菱電機】株価はなぜ安い?今後の配当や利回りを解説!

【シャープ】株価はなぜ下がる?赤字転落でひどい?

【日立】株価はなぜ上がる?おかしい?

パナソニックとは

家電メーカーとしてお馴染みのパナソニック。

しかし、家電以外にも車載電池や半導体デバイス材料を手掛けています。

このように、事業内容や会社の規模については意外と知らないのではないでしょうか。

では、会社の規模や事業内容について解説していきます。

会社の規模

まずは会社の規模から。

1935年に松下電器としてスタートし、今や誰もが知る家電メーカーなこともあり売上は約7兆円

社員数は約24万人も抱える超巨大企業です。

東証プライム市場に上場しており、まさに一流企業と言っても良いでしょう。

上場プライム市場
資本金2592億円
設立1935年
売上額約7兆3888億円
社員数240,198人

事業内容

続いては、パナソニックの事業内容を解説していきます。

家電だけではなく、自動車関連や半導体、太陽光発電システムなど幅広く事業を展開しています。

そのため事業部門は5つに分かれており、それぞれについて見ていきましょう(参考:パナソニックHP)。

くらし事業

一つ目が、くらし事業です。

その名の通り、暮らしに関する製品を取り扱っています。

具体的には、冷蔵庫や電子レンジ、エアコン、洗濯機、空気清浄機、美容器具などが挙げられます。

売り上げは約3兆5000億円であり、売り上げ全体の約50%を占めています。

このことから、イメージ通りパナソニックは家電製品をメインで扱っていることが分かります。

~くらし事業~
・暮らしに関する製品がメイン
・冷蔵庫やエアコン、洗濯機が代表的
・総売上の半数を占める事業

オートモーティブ事業

2つ目がオートモーティブ事業。

その名の通り、自動車関係の事業となります。

具体的な製品として、車載スピーカーシステムや車載カメラ、車載スイッチ、運転支援システムなどが挙げられます。

売上は約1兆円であり、全体から見て3番目の売上規模となります。

~オートモーティブ事業~
・自動車に使用される部品の事業
・車載カメラや運転支援システムが代表的
・売上全体の3番目の売上規模

インダストリー事業

3つ目がインダストリー事業です。

インダストリー=工場や現場で使われるような製品を展開しています。

具体的に、産業用モーターやタッチパネル、コンデンサー、半導体デバイス材料、液晶パネルなどが挙げられます。

売上規模は約1兆1000億円であり、くらし事業に次ぐ規模となります。

~インダストリー事業~
・工場で使われる製品がメイン
・半導体デバイスや液晶パネルが代表的
・売上全体の2番目の売上規模

コネクト事業

4つ目がコネクト事業。

この事業は非常に幅広い製品がハード、ソフト面に渡って展開されています。

具体的には、パソコンやリモートカメラ、旅客機のメンテナンス・リペアサービスなどが挙げられます。

ハード面以外にも、ソフト面ではサーバー整備により警察、自治体、学校といった社会に必要な公共サービスの現場を支えています。

売上は約9000億円であり、4番目の売り上げ規模を有しています。

~コネクト事業~
・ハード、ソフト面幅広く扱う事業
・パソコンやサーバーが代表的
・公共サービスを支える重要な立ち位置
・売上全体の4番目の売上規模

エナジー事業

4つ目がエナジー事業です。

その名の通り、エネルギーに関する製品を取り扱っています。

具体的に、リチウムイオン電池や乾電池、ニッケル水素電池、蓄電モジュールなどが挙げられます。

この事業は電気自動車需要やIoT・社会インフラの需要拡大を追い風としている分野になります。

売上規模は約8000億円で他の事業よりも少ないですが、これからの成長が見込まれています。

~エナジー事業~
・エネルギーに関する製品がメイン
・リチウムイオン電池が代表的
・車載電池として電気自動車向けにも旺盛
・売上規模は5番目

パナソニックの売上&営業利益

日本を代表する規模の会社であるパナソニックの業績はどうなのか。

成長性を表す売上、稼ぐ力を表す営業利益の推移をみていきましょう。

決算書の読み方が分かれば銘柄選びで間違えにくいのですが、読み方がよく分からない方はこちらの書籍がオススメです。

売上&営業利益の推移

パナソニックの売上&営業利益の推移を表にしました(引用:四季報)。

売上はコロナ禍の影響を受けて一時6兆円台まで低迷しましたが、2022年は7兆円台を回復しています。

23年以降は8兆円台となる見込みですが、コロナ前である2019年とほぼ同程度クラスとなります。

営業利益は全体的に3~4%と低いです。

理由として、くらし事業とオートモーティブ事業の営業利益が悪いためです。

その他の事業は営業利益5%以上を確保出来ていますが、売上構成の大きい上記2部門に引っ張られている形です。

パナソニックの売上&営業利益
年度売上(百万円)営業利益(百万円)営業利益率
2020年7,490,601293,7513.9%
2021年6,698,794258,6003.9%
2022年7,388,791357,5264.8%
2023年8,378,942288,5703.4%
2024年(予)8,400,000400,0004.7%

パナソニック:株価の推移

パナソニックの株価はどうなのか。

一流企業として名高いパナソニックですが、過去10年単位では高値更新が出来ておらず株価は低迷している状況です。

株投資が中々上手くいかず含み損が気になる方は以下の記事を参考にしてみてください。

【低リスク】安全な資産運用は積み立て投資一択!

直近の株価動向

2022年以降のパナソニックの株価チャートを上に載せました。

株価1000円以下が続いていましたが、2023年5月以降に回復しつつあります。

これは2023年5月に通期見通しが5期ぶりの最高益更新見込みと発表されたためです。

しかし、10月には下方修正を発表したことで株価は下落基調となっています。

~直近の株価動向~
・2023年5月より株価上昇
・最高益見通しも10月に下方修正
・株価は下落し1400台で停滞

長期的には株価低迷

過去10年の株価チャートを載せました。

株価は過去10年間で上昇しておらず、800~1800円のボックス相場と化しています。

この期間、パナソニックの売上や営業利益は横ばいであるため株価も冴えない結果となっているのです。

特に、会社の稼ぐ力である営業利益も3%程度と低収益を継続しているので評価されていません。

2021年9月に買収したブルーヨンダーも2022年度は振るわず赤字転落しており、成長性も厳しいのが現状です。

~長期的な株価推移~
・800円をサポートラインとして推移
・長期的には800~1800円のボックス相場
・営業利益3%の低採算性が悪材料
・経営戦略が中々売上に直結しない

株だけに頼らずポートフェリオを幅広く

ロボアド 積み立て投資 

株は勢いに乗れば一攫千金ですが、株価が落ちるのも非常に速いです。

私は株以外に積み立て投資をしていますが、画像の通り20%以上の利益を得ることが出来ています

このように資産運用をする場合は株だけではなく、投資信託を始めとした分散投資が重要となります。

【低リスク】安全な資産運用は積み立て投資一択!

ロボアドバイザー:毎月1万円ずつ【ロボプロ】

続いては、ロボアドバイザーのROBO PRO(ロボプロ)です。

ロボアドなのでリバランスは自動でやってくれますし、株のように個別銘柄の知識も必要ありません(テーマ株はFORIOが厳選)。

また、スマホだけで投資が出来、確定申告の心配がないのもプラスポイント。

リリースされてから3年間でリターンが約1.4倍と好調であり、運用実績は折り紙付きです。

ROBO PRO(ロボプロ)で資産運用
積み立て開始はこちら!
【画像付き】ロボプロ登録の仕方

パナソニック:株主還元について

続いては、パナソニックの株主還元について

株主還元とは具体的に、配当金や自社株買い、株式分割が挙げられます。

パナソニックの場合、配当利回りは2.4%程度で自社株買いも少額実施されています。

株式分割は株価1400円程度では期待できないので、配当金と自社株買いについて見ていきましょう。

配当銘柄狙いで投資をしたい方は、こちらの書籍で投資術について詳しく書かれていますので参考にどうぞ。

配当金の推移

まずは配当金について表にまとめました(引用:IRBANK)。

配当金は1株あたり年間30円で安定しています。

2021年のコロナ禍の影響で減配されていますが、2022年からは30円に復帰しています。

今後の増配については業績次第となり、やはり営業利益を改善しないと厳しいかと思います。

配当利回りの推移

パナソニックの配当利回りをグラフにしました。

ご覧の通り、2021年以降は配当利回りが約2%で推移しています。

増配が実施されておらず、株価も横ばいのため配当利回りが安定している形です。

配当銘柄としては利回りが低く魅力度は低くなっています。

自社株買いの推移

続いて、自社株買いの推移について表にまとめました(引用:IRBANK

自社株買いの規模は2018年をピークにして減少傾向

しかしながら、継続的な株主還元はコロナ禍~コロナ禍以降も実施されています。

2018年以前は1億規模の自社株買いを毎年行っていたので、今後に期待です。

年度自社株買い数(個)
20181億1900万
20195000万
20203500万
20214300万
20224500万

パナソニックの株価はなぜ安い?

配当金や自社株買いを継続しているパナソニックですが、株価は低迷しています。

~パナソニック株価はなぜ安い?~
・業績低迷
・不採算事業の保有
・買収先が不調
・不透明な成長性

業績の低迷

まずは業績の低迷です。

パナソニックはの売上はグラフの通り横ばいであり、成長性がほとんどないことが分かります。

売上だけでなく、営業利益も数%で停滞しており収益面でも低迷しています。

原因として、家電は売上規模が大きい割に薄利であるため低収益となってしまいます。

営業利益率が7%以上と比較的高いコネクト・エナジー・インダストリー事業の売上構成比増が鍵となりそうです。

~売上や収益の低迷~
・売上や営業利益の成長が停滞
・営業利益は3%の低収益水準を継続
・好採算部門の売上増が今後のカギ

不採算事業の整理に時間を要した

2つ目の理由として、不採算事業の整理に時間を要したことが挙げられます。

これに関しては徐々に構造改革が進みつつあります

過去にあった液晶vsプラズマパネルの戦いに敗れて以降もプラズマ事業を残していましたが2013年に終了。

これを皮切りに、鉛蓄電池の事業譲渡や液晶パネル事業の撤退、ディスプレイ装置事業の撤退、半導体事業の譲渡など合計27もの事業整理を行っています(参考:ニュースイッチ)。

これらの構造改革により収益性は確実に向上しており、今後が期待できるといって良いでしょう。

~不採算事業の整理~
・不採算事業整理に約10年を要した
・合計27もの事業を譲渡または撤退
・事業整理効果として営業利益率や固定費改善
・今後は成長事業に投資をする段階へ移行

事業買収が上手くいかない

3つ目の理由は、事業買収が上手くいかない点です。

2021年に約7700億円で米ブルーヨンダーの買収を完了しましたが暗雲が漂っています。

買収後のブルーヨンダーの決算を見ると、2022年度は赤字決算であり成長性も鈍化していることが分かりました。

24年度決算においても、ブルーヨンダーは25億円の営業赤字の見通しとされています(参考:日経新聞)。

今回の事業買収が成功し業績が上向けば株価上昇も期待できますが、過去同様失敗すれば非常に大きなマイナス材料となるでしょう。

~事業買収が上手くいかない~
・22年度はブルーヨンダーが赤字決算
・24年3月期も赤字の見通し
・買収事業後の業績が低調

不透明な成長性

4つ目の理由として、不透明な成長性です。

パナソニックは中期経営計画において以下の3領域を成長路線に掲げています(参考:中期経営計画)。

①EV向け電池事業
②ソフトウェア事業
③海外向け空調事業

電池事業に関して、2024年度決算においてEV向け電池の減産が響き下方修正。

ソフトウェア事業に関して、ブルーヨンダーの営業赤字で厳しい状況。

海外向け空調事業に関して、工場新設で増勢。

空調事業以外は見通しが厳しく成長性に疑問があるのが現状と言えます。

~不透明な成長性~
・3つの成長領域を策定
・電池とソフトウェアは見通しが厳しい
・空調事業のみ増勢で売上貢献か
・成長路線への転換は厳しいと判断

パナソニックの株価は今後どこまで下がる?

ここまでパナソニックの業績や株価、株主還元を紹介し、なぜ株価が安いのかを紹介しました。

業績が停滞し株価も低迷しているパナソニック。

そんなパナソニックの株価は今後は下がり続けていますが、今後はどうなるのか。

低迷期は過ぎて反転攻勢へ

今後のパナソニックの株価ですが、低迷期は過ぎて反転攻勢へ移ると予想されます。

約10年も要した事業整理が落ち着き、コア事業の育成およびブルヨンダー買収による成長戦略を立てつつあります。

事業整理により投資すべき事業を絞ることが出来るので、上手くいけば成長加速が期待できます。

過去の失敗とは異なり、これらの成長戦略が上手くいくと株価は上向くと思われます。

~パナソニックの株価はどこまで下がる?~
・今後は反転攻勢で株価上昇が予測
・事業整理終了で成長戦略へ
・ブルーヨンダーの赤字は不安材料

パナソニック:株を買うならauカブコム証券

パナソニックの株を買いたい、または株式投資を始めたい人にオススメなのがauカブコム証券です。

スマホ3大キャリアのauが運営する証券会社なので安心感があり、主要なネット証券でNo.1の信用格付けを誇ります。

また、手数料が無料であり、株式投資をするならほぼ一択と言って差し支えありません。

手数料が無料

auカブコム証券が他の証券会社より優れているのは、すべての株取引が可能な点だけではありません。

手数料が非常に安いのが強みです。

25歳以下であれば全て無料、26歳以上でも1日の取引額が100万円以下なら手数料が無料となります。

取引額手数料
26歳以上の人25歳以下の人
100万円まで無料無料
200万円まで2200円(税込み)
株取引ならauカブコム証券!!

auカブコム証券
 口座開設はこちら!
・信用格付は主要ネット証券No.1

・100万円以下の株式取引手数料は無料

・25歳以下の株式取引手数料は無料

・積立買付手数料が0円

・1株単位の少額投資が可能

・新NISAに対応でお得に投資できる

・auじぶん銀行の円普通預金金利が200倍でお得

おすすめのロボアドバイザー

続いて、おすすめのロボアドバイザーを紹介します。

ロボアドは数多くの企業が展開していますが、おすすめはフォリオのロボプロです。

AIによる相場先読み技術により、通常のロボアドよりも高い運用実績があるためです。

フォリオロボプロ

ロボアドバイザーでオススメなのがROBO PRO(ロボプロ)です。

ロボアドなのでリバランスは自動でやってくれますし、株のように個別銘柄の知識も必要ありません(テーマ株はFORIOが厳選)。

また、スマホだけで投資が出来、確定申告の心配がないのもプラスポイント。

リリースされてから3年間でリターンが約1.4倍と好調であり、運用実績は折り紙付きです。

資産運用を始めたい方や長期積み立て投資を始めたい方におすすめです。

ROBO PRO(ロボプロ)で資産運用
積み立て開始はこちら!
【画像付き】ロボプロ登録の仕方

 

タイトルとURLをコピーしました