【ヘチ釣り】日の出渡船で姫路の沖波止へ!チヌの宝庫は伊達じゃない!!

ヘチ釣り
ヘチ釣り

どうも、ヒカリblogへようこそ。

梅雨らしくない梅雨が続きますが、皆さん釣りに行っているでしょうか。

7月目前のこの時期はサビキ釣りなどのファミリーフィッシングで防波堤は賑わっています。

そんななか、ヘチ釣りできるスペースが少ないので姫路の方へ行ってきました。

今回利用したのは日の出渡船という渡船屋さんになります。

キャッチフレーズは「チヌの宝庫」!

日の出渡船

今回利用した日の出渡船の地図を↑に載せました。車で行くなら「姫路のとれとれ市場」をカーナビにセットすると近くに看板があるので分かりやすいと思います。

店舗で渡船券(1800円)を購入して、すぐ横にある漁港へ。朝便は5時50分とゆっくり目の出船です。

フカセ釣りをする方は電話予約でオキアミの解凍をしてくれるので超便利ですよ。

さて、日の出渡船では4か所の沖堤防へ渡してくれます。

名称は5番、6番、7番、8番の順に4か所です。昔は3番、4番もあったのですが現在は休止しているようです。

それぞれの特徴ですが、

5番と6番は同じ堤防なのですが、根本が5番、灯台側が6番になります。7番は最も沖にある堤防、8番は最も沿岸にある堤防になります。

5番は、近隣工場からの温排水が流れる場所になるので冬場でもチヌが爆釣です。10枚くらい釣れちゃいます。グレも5番が良く釣れ20枚以上釣る方もいます。
6番は灯台側なので潮通しが良く、青物やヒラメなどのルアーフィッシングが人気です。
7番は最も沖にある堤防です。6番よりも潮通し抜群なのでルアーマンのほとんどは7番に渡ります。カレイやキスなどの投げ釣りも7番が最も釣果が出ます。
8番は最も沿岸にある堤防になります。潮が緩く非常に釣りやすいのが特徴です。こちらでもチヌやグレが釣れますが、青物は期待薄です。

タックル紹介

ではタックル紹介をしていきます。当ブログお馴染みのラインナップになります。

竿:ヘチセレクションXT S-SPEC

リール:ヘチセレクション88W

道糸:落とし込みMARK-WIN 2.5号

サンライン(SUNLINE) ナイロンライン 黒鯛イズム 落とし込み マークウィン 100m 2.5号 ホワイト&ブラック&エキサイトオレンジ&ミエールグリーン

ハリス:ナイロン1.5号

針:カニ専用チヌ針3号

created by Rinker
¥248 (2021/09/22 20:55:07時点 楽天市場調べ-詳細)

ガン玉:B~3B

餌:岩カニ

ガン玉の向きや付け方はこちらの記事で紹介しています。

【ヘチ釣り】ガン玉の向きと打ち方解説!

釣果 2021年6月26日

では釣果の方へ移っていきます。

当日の釣行条件です。

釣行日:2021年6月27日

釣行時間:6時~12時

天候:曇り

風速:1~3m

満潮:9時41分

干潮:6時14分

今回は8番に釣行しました。降りた人数は5人と少なめ。ほとんどの方が7番へ青物狙いに行くようでした。

釣り座を確保し竿を準備。まぁ釣り座といっても歩き回るのでベースキャンプみたいなものです。

周りを見ると皆さんフカセ釣りで撒き餌の準備をしていました。

ヘチは私一人だけのよう。

釣れるか不安な中餌を落とすとカニが齧られる・・・

チヌではないエサ取りが多く、小さなアタリを合わせると微妙な重みとめちゃくちゃ走る引き!

デ、デカいフグでした。いや25cmはあるぞ。こんだけデカイと餌のカニも攻撃されますね。

そしてこのフグがめちゃくちゃ多いです。10匹近く釣れました。餌の消費半端ないです。

心が折れそうな中、餌を落としている最中竿先をコツコツと触るアタリ!少し竿で聞くと十分な重み。

チヌと確信し大きく合わせるとゴンゴン竿を叩く独特の引き!かなり元気なのか中々上がってきません。釣り上げてみると、

約40cmのチヌでした。このサイズだと結構引いてめちゃくちゃ楽しいです。

足元で掛かるので、最初にチヌが走る強烈な引きをダイレクトに楽しめる。これがヘチ釣りの醍醐味ですね。

その後も餌を落とし続けると、少し出していた糸ふけが海中に吸い込まれるアタリ!竿先ではなく道糸の動きでアタリを取る方法です。

ガッツリ合わせると十分な重量感!竿を叩く独特な引きで上がってきたのは、

1匹目よりも少し小ぶりで37cmのチヌです。綺麗なアタリを掛けた時は最高ですね。

ヘチ釣りを始めて3年目ですが、昔よりも確実に上手くなっているのを実感できます笑。

表層を一通り探った後、底付近を狙うと根魚の登場です。

約18cmのガシラ君です。沖堤防なだけあって釣れるガシラの平均サイズは大きいです。探り釣りや穴釣りをしに来ても面白いかもしれません。

釣りに夢中になっていると時間が経つのも早く、帰港の時間となってしまいました。

結果、釣り上げたチヌは3匹でした。1匹バラしてしまったのが少し後悔。

この日は曇りでしたが、これからの夏場は日焼け止めが必須です。個人的にオススメな日焼け止めを紹介しているので参考にどうぞ。

【NALC】釣りやアウトドアでオススメの日焼け止め!

まとめ

今回は姫路の日の出渡船を利用してチヌ釣りをしてきました。

チヌの宝庫というキャッチフレーズに恥じない魚影の濃さでした。表層にチヌが泳いでいるのが見えるくらいですからね。

この場所ではフカセ釣りの方がグレやチヌの数は軍配が上がるようですが、引きを楽しむならヘチ釣りに軍配が上がると思います。

ちなみに、沖堤防の7番ではアジや青物が釣れているようなのでファミリーの方もいました。乗船時間は15分もかからないので気軽に利用できます。

渡船にはライフジャケットが必須となりますので、持っていない人はしっかり準備して釣りに行きましょう。

【釣り】ライフジャケットの種類とオススメ紹介!

では、今回はこの辺で!

本日の釣果

チヌ:37~41cm×3匹(バラシ×1回)

ガシラ:18cm前後×3匹

フグ:20~30cm×10匹以上

タイトルとURLをコピーしました